« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月28日 (木)

なにが変わってしまったのだろう

今日の朝ふとバックミラーを見た。

そこにはご主人様とのプリクラ貼ってあります。

高校生のころはやっていて、二人でよく撮った。

一度別れてしまってからもはずすことができなくて、毎朝おはようっていってたっけ。

高校生のあのころは良く喧嘩したし、別れ話もでてた。

でも最後にはご主人様が抱きしめて「別れない」「そばにいてくれ」「必要だ」ってつよくつよく私を包みながら言ってくれた。

今はあの頃とは少し違う。それは当たり前。

だって、立場が変わったし。

でもたまぁに不安になる。

最近は「別れるか?」とか「奴隷やめるか?」ってすぐいわれちゃう。

きっぱりと「別れる。」「嫌いになった」っていってわれたらそれはそれで悲しいけど、すっぱりできるのかなぁとか。

疑問系で話されると「う~。そんなこといわないでくだしゃい」ってすっごいそのあと考える。私が言うこときかないからだとか、魅力的に感じなくなったのかなとか。あきちゃったのかなとか。

結局なにもいえなくなる私もどうにかしなさいって感じなんだけど。

そんなこんなを考えながら、昔のあったかい思い出を大事に大事に思い出しためてた幸せ食べちゃうかりんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

私の体で何が起こっているの?

先日ご主人様にいっぱい遊んでいただきました。

体脱力感でいっぱいになっちゃうのって幸せです。

そこで少し疑問が・・・。

今回もご主人様に何度も吹かせていただいたのですが、そのあと必ず少量の出血があるんです・・・。ご主人様爪は伸びてないし・・・私自信も別に痛みは無いし・・・少し出て血も止まってしまうし。

これっていったいなんの出血・・・?

ご主人様は血が苦手なので、なるべくなら不快な思いしてほしくないので、改善したいのですが原因がなんなのかわからないのでどうしたものか・・・。

それが原因で吹かせてもらえなくなっちゃったらいやだし(><;

それに最近あごの関節がおかしいです。ご主人様にご奉仕していたら「こきこき」鳴って恥ずかしいし続けてると痛いです

(;▽;)

こんなんじゃ使えない奴隷になってしまいます(T▽T) イヤー

昨日も「できないなら奴隷やめるか?」って言われちゃったし。

も一度心入れ替えなきゃです・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

まいあがっている日にかぎって

仕事が忙しい。

でも残業無しで帰る!絶対がんばる。

というのも今夜ご主人様に会えるから^^

今かりんが心に決めていることがあります。

前回のこと考えてみて、「お酒はお風呂前には飲ませない!」って誓います

( ̄^ ̄) だってご主人様それで具合わるそうだったし、くたくただったし。

おいしく飲んでいただけるように、お風呂早めに入って頂こう。

最近はご主人様に二日置きに会っていただいてます。

本当はもっと会いたいです。

でもこれ私のただのわがままです。

でもでもでも。このままいくとクリスマス会えるの?大丈夫かなって心配になってきました。

サンタさんは私とご主人様一緒に居られる時間をプレゼントしてくれるでしょうか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

忘年会

もう忘年会時期。

もちろんご主人様の会社もある。

とっても憂鬱だったんだけど、ご主人様が「いかない」っていってくださった。

ただ寂しくてっていうわけでは無く、そういう飲み会で会ってほしくない人がいてとっても憂鬱だった。

でも会社での行事だし・・・。

自分だって会社に勤めてるから無理な考えだってわかってたんですけど、ご主人様が欠席でだしてくださった。

かりんの会社では今年忘年会は中止になり、新年会に持ち越しになった。

ご主人様がどうしても出席しなければならない忘年会はおとなしくお留守番することになっます。

この前「やっぱり行く」って言われたとき、行かないって最初言ってもらえただけ幸せだとおもった。

私の事を気遣ってそうしてくれたことで十分だった。

だけど今日「行かないから」って再度言ってくれた。

私のわがままでご主人様こまらせちゃってるのかなってちょっと不安。

普通考えたら忘年会いくのって普通じゃん!って思うかもしれませんが、私にとってご主人様の会社で飲み会はすごくトラウマ。

私いつになったらいい子になれるんだろう(´・ω・。`

今日はご主人様と夕食一緒にできることになりました。

行かないっていってくださったのと夕食一緒にいられるのですごくうかれてるかりんです。

仕事中は左手の薬指にある指輪見ながらニヤニヤしてるし・・・。

こんなに幸せだとまた落ちたときが怖いデス。

きっと落ちたときに私は幸せだった時間をちょっとづつ食べて生きてるんだとおもいます。

おなかいっぱい幸せになりたいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

浮気疑惑

浮気はしてません。(`・ω・´) キッパリ

なんですけど、ご主人様すっごい心配みたいでことはラーメン屋の話からだったんですけど、最近新しく出した店があって、

勇様「あそこおいしいのかなぁ」

かりん「うちの会社の人があんまりおいしくないって言ってたよ・・・」

勇様「かりんの父親?」

かりん「ちがう。○さんと×さん。」二人とも男性。

ここで勇様私に浮気疑惑。

(゜□゜; なんでぇ!?

勇様「あやしい」「いいきれないじゃん」「男だろ」

のいってんばり。

これでかりんが何か言っても話が大きくなるだけ。だからって黙ってても「無視か」って言われて「どうしたらいいの(;ω;)」状態。

でもこれだけ勇様が疑ってしまうようになったのは私のせいです。

以前違う会社で仲良くなった男性がいたので、ご主人様それを疑っています。

でも本当に今はなにもありません。

本当です。

ほんっっっとうなんです!!

この日ホテルいく予定だったんですけど、ホテルの前の通りを素通りし、「家に帰す」っていわれちゃってへこむかりん。

多分私に耳とかシッポとかついてたらおもいっきり体にくっついちゃうくらいショボンってしてたとおもう。。。

きっとこの日ご主人様ご機嫌悪かったのが重なったんだとおもいますけど・・・。

このあとなんとかホテルに戻ることできて、エッチで挽回するぞ~って思ってたんですけど、とりあえず食事食べてお風呂入ってご主人様のおひげ抜いて(これ前から私の仕事。ひげ抜くの大好き)テレビみてたんですけど、おひげ抜いてたらご主人様暇だったらしく寝てしまって結局起こさないで寝かせました。

つかれてるっぽかったし。

でもちょっぴり寂しかったなぁ。

ご主人様を退室時間ちょっと前に起こしたら、「悪かった」とおもったらしくなんどもかりんにあやまってた・・・。

なんというか、素直です。ご主人様。その辺は^^

「いいよ~つかれてたの?」

って感じでその前の喧嘩からは考えられないくらい立場逆転!?

その後、反省したご主人様?から「なんでもするから~」というお言葉が!!

これにすっかり甘えたかりんは「ペアリンクして」って言いました。

前つけていたのですが、一回別れてからはしてませんでした。

「ずっと先だ」って言われてたんですが、隠れ彼女の私。(不倫とかじゃないですよ!)

結局周りからはご主人様フリーに見える。

女性がご主人様に沸く。(ご主人様私以外の女性に甘いマスク。もちろん私にもあまあまマスクですが・・・)

これず~っと気にしてたので思い切って言ってみたら・・・

ご主人様土曜日に指輪つけてきてくださいました!!

話を聞けばその前の日からつけていたそうで^^

うれちいうれちい。

前までは当たり前のようにつけていた指輪。今はとっても安心する。

ご主人様に感謝です^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

おしりがいたい・・・。

先日ご主人様と二日間過ごしました。

今回はちょっと遠くへドライブ。ここまではかなりラブラブデートでした。

ホテルさがして、気に入ったところへ入るとけっこう広い部屋でご主人様も満足っぽくて、ご主人様がお酒飲みたいということで、チュウハイ頼んでかりんはお風呂のお湯ためてました。

ご主人様に言われていた「剃毛」・・・。

時間なかったりでちゃんとできていなかったので、ご主人様がテレビ見ている間にお風呂でがんばって剃りました(><;

今回が初めてではないんですけど、あそこが丸見えになっちゃうのってはずかしいです・・・。

剃り終わってご主人様にチェックしてもらおうと思ったら、まだテレビみていたのでバスローブ着て一緒にテレビみてました。

ちょっと部屋の中寒くてかりんだけお布団でテレビみてたら、ご主人様がかりんの上に乗ってくださいました。

そのままかりんのあそこにご主人様のあったかいのがあたって・・・。テレビどころではありません( ̄▽ ̄;

まだ、いろいろしてないし(なんだそれ・・・)

いきなりいれちゃって終わっちゃったらやだぁ(><。 とか思ってちょっと抵抗してたんですけど(お風呂はいろぉとか・・・)

だめでした(^^;

そのまますんなりご主人様を受け入れちゃったかりんの・・・。もう剃ってる時点で準備オッケイだったみたいです(*ノ▽ノ)

そのままきもちくなっちゃって口の中に出していただきました。

せっかく準備万端だったのにこれで終わりかもぉなんてへこみながらお風呂一緒にはいりました。

ご主人様お酒がきいてるみたいでお風呂で調子わるくなっちゃったみたいなのですがおもいっきりお風呂熱くされちゃいまして・・・。

かりん熱いお風呂苦手なんです(TωT)

ちょっとさめたところに非難してたんですけど、ジェットバスONされちゃいまして、あついお湯がかりんに直撃です(>□<。 ウワーン

そのまま「こっちこいっ」っていわれて、ご主人様に背中あずけた形で二人ではいっていたら、ジェットバスの泡でているところにあそこあてられて・・・。

あれって怖いです(TωT) 中にお湯はいっちゃいそうで、、、空気と一緒に・・・。

でもご主人様「ちゃんと足あげなさい」って・・・言うこときいて足上げてがんばりました・・・。

その後はご主人様の頭も体もきれいきれいして♪

(これかりんのお仕事です♪♪)

そのとき一緒にご主人様にマッサージします(^ω^)

お風呂あがって、ご主人様からだ大丈夫かなぁっておもってたら、やっぱり顔真っ青・・・。

「少しお布団で横になってないと・・・」ってご主人様寝かせてw

心の中で『もう今日はエッチなしだ・・・そうなんだ・・・(;ω;)』って思いっきりおもってました。だって顔真っ青だし・・・。

具合悪そうだし。

もうあきらめモードで、お布団入って電気消したら もぞもぞ・・・。

もぞもぞもぞ。

電気点灯。薄明かりにして・・・。

ご主人様のあそこさわさわしてたら、元気になってました。

でもご主人様体調が・・・。

「大丈夫」

そうですか?

本当に大丈夫なんですか・・・?

してもいいんですか・・?

ということで2回目開始(^▽^) ワーイ

ご主人様のぺろぺろして、あったかい分身をいっぱいいっぱい愛情こめて愛撫。

気持ちよかったらねちゃんと反応してくれるご主人様の分身ちゃん愛おしくなっちゃうんですよね^^

そうこうしていたら、ご主人様がさごそ吹袋いじってて、しばらくしてから ブイーンって・・・。ローターの電池換えたみたいで、それそのまま当てられました。

イっても止めてくれなくて、もういろんなもの通り越してましたw

ちゃんと潮も噴けて一安心。

ベット濡らしちゃってバスタオルあてて寝ました。

あんなに具合悪そうだったのに、性欲は別だったのかなぁ。

次の日の朝ご主人様Sモードはいってました。

胸痛いくらいにぎられて、剃ったあそこも痛いくらい叩かれる。

肩に思いっきりかじりつかれちゃって、キスマークまでついちゃって・・・。

かりん半べそでした。

そこに、おしり叩き。

「いたい~やぁ~」って訴えても「きもちいいか?もっとだろ?」って言われて、もっとっていわないとさらに強く叩かれるので「もっと叩いてください・・・」って言いました。

そしたらご主人様うれしそうにぺしぺし。

もう何十回叩かれたかわかりません。

でもそのあとちゃんと入れてつながってくださいました。

「中に出してやる。うれしいだろ」って うれしいんですけど、子供出来たら困るのご主人様ですよ。それご主人様わかってて言葉で言う。

ちょっとこのとき複雑気分。

それでも言葉に酔うかりん。う~んむずかしい。

そうそう。あごつかまれてご主人様って言わせるの今回が初めてでびっくりした。

普段エッチ中もご主人様ってあんまり言わない。というか、中々言わない。呼ぶことが中々ない。

なのに今回私に言わせた。

これって、ご主人様モードスイッチオンですか?

最近ラブラブモード全開だったので、これはいかんと思ったのでしょうか・・・。

うれしいのか悲しいのか・・・。

えっと。うれしいです。

その後余談ですが、ご主人様の友達と三人でカラオケに行ったとき痛いおしりを背もたれとテーブルに2回強くぶつけちゃって、本気で痛かったです

(;▽;)

幸せな痛みと共に眠る夜。

こんな暖かい気持ちがずっと続けばいいのに・・・。

でもそんなわけにもいかなかった。

後日ご主人様と喧嘩しちゃう・・・。

その話は後日。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

ほっとね

車に乗り込むととっても寒くて恥ずかしいくらい震えてた。

ご主人様が「寒いのか?」って着ていた上着かぶせてくれた・・・。

ご主人様だってすっごく寒いはずなのに・・・。

どちらかというとかりんのほうが脂肪着てる・・・(><;

後部座席に置いてあった上着もかぶせてくれて・・・。

ご主人様の匂いに包まれて、なにより気持ちがあったかくて幸せでした。

そんな私を確認して安心したのか、ご主人様たばこに火をつけた。

本当にあったかくて涙ながしちゃって。

「どうした?」

って聞かれて素直に「幸せ」って言えた。

そのまま一緒にいたくて。。。でも家に帰らなきゃいけなくて。

帰って冷たい布団に入るときご主人様の匂い思い出しながら眠りについた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »